齋藤健一の話 博識編

齋藤健一の豊富な知識

イソギンチャクの生態

 どうも、博識博士の齋藤健一です。

 

 皆さんはイソギンチャクという生物をご存知でしょうか?ちなみに、私は知っています。私はハーベード大学分子生態学部教授兼ボスタン大学生態系研究室室長を兼任及び歴任した経歴がある人物なので、海洋生態学には詳しいのです。

 

 では、イソギンチャクについて詳細に語っていきたいと思います。

 

 そもそも、イソギンチャクとは何か?イソギンチャクとは、アスパラギン酸を豊富に含んだ食物です。

 

 主に、農家で栽培されていますが、海にも自生しています。よく、江ノ島の海岸線を捜索していると、体長4.5メートル程のブヨブヨのゼラチン質の物体が転がっています。あの生前の姿が、イソギンチャクなのです。

 

 また、イソギンチャクというのは、海の豊富な栄養を多量に含んでいますので、栄養面でも期待出来ます。タンパク質、炭水化物、急ぎん、イソジン、チャクラ等が豊富に含まれています。あとは、ビタミンZとか、ランストロール酸デポギシトールという、抗酸化作用のあるガンマ線を含んだアルファ波があるので、体内の抵抗勢力の少ない人は、あまり摂取しない方がいいでしょう。

 

 また、イソギンチャクといのは、成体になると二足歩行するようになります。通常は海底の岩やタコの頭に張り付いているのですけど、いざという時は、二足歩行モードに変わります。この時、通常は何の変哲もない目玉、所謂[保留玉]というのが、ゼブラ色からレインボー色に変化します。

 

 イソギンチャクの生息地は、主にタスマニアデビル島の北東20センチから、大阪湾の沖合300キロまでの、細長い地域に生息しています。

 

 途中、イソギンチャクがチャック・ノリスに変化することもありますけど、それはハリウッドの事情なので、こっちには無関係です。

 

 特に、今、ファッション業界では、イソギンチャク柄のチェックが流行の兆しを見せています。というのも、イソギンチャクは、そのままゼラチン質の体を加工すれば、ゼラチン服となるからです。それを通常の綿の服に貼り付ければ、キラキラと輝く不思議な光を放つ妖艶なファッションが実現するという訳です。

 

 イソギンチャクといのは、とどのつまり、トドの餌としても利用価値があるので、水族館ではよく飼育されている種です。

 

 ペットショップでも、犬や猫が入っている透明なゲージの中に、イソギンチャクコーナーが高確率であり、そこには体調36センチ程の生後4か月程度のイソギンチャクが展示販売されています。

 

 でも、犬と同様に、売れ残りはあまりにも大きくなり過ぎるので、ホームセンターに併設されているペットショップ等では、そのイソギンチャクを剥製にして、観葉植物コーナーに展示していたりします。

 

 華道家の家元の緑水源七節先生も、イソギンチャクと生け花の融合を新しい華道として着目しており、これからの進化が期待されるコラボとなっています。